銀行 借り入れ

銀行の借り入れについて

お金を借りるには銀行や消費者金融を利用するという方法がありますが、銀行での借り入れは、消費者金融に比べると、まず、安心感がありますね。消費者金融の多くも健全な業者ですが、中にはヤミ金融などの悪徳業者もいるので注意が必要です。

 

銀行で借り入れをする場合にはカードローン、住宅ローンや教育ローン、ビジネスローン、フリーローンなど目的に合わせて選択することができます。

 

このうち、カードローンは、使途が自由で、銀行の他のローンに比べると、審査も早くなっている利用しやすいローンです。また、銀行のローンは総量規制の対象外なので、おまとめローンとして利用することもできます。総量規制というのは、貸金業法で定められている規定で、借り入れを原則年収の3分の1までに規制するというものです。ちなみに消費者金融のフリーローンは、総量規制対象になっています。

 

銀行のカードローンで借り入れができるのは、継続安定した収入のある方でなので、パートやアルバイトの方も申し込みができます。学生や年金収入のみの方、専業主婦も申し込める銀行のカードローンもあります。

 

銀行

銀行カードローンを利用して借り入れをする場合には、まず、電話かネットで申し込みをしてください。ネットで申し込む場合は申し込みフォームに必要事項を入力して送信すれば、自動審査により仮審査が行われます、この借り審査に通れば、必要書類を提出し、契約、借り入れとなります。即日融資が可能な銀行もあります。

 

銀行の審査は比較的厳しくなっています。特にいままでの借り入れ状況において延滞や破産があると審査には通りにくくなります。また、現在の借り入れ件数が5件以上ある場合も審査には不利になるので借り入れは難しくなります。その他、年収や勤務先、勤続年数、住居、居住年数なども審査の対象になります。

 

銀行からの借り入れは、審査が厳しいのですが、金利は消費者金融よりも低くなっているので、返済の負担は軽くすることができます。

 

それから、銀行のビジネスローンは、無担保で第三者の保証人が必要なく審査も比較的早くなっている事業者向けのローンです。ビジネスローンの場合もネットから申し込めるところもありますが、ほとんどは来店して申し込みをし、申込書と同時に必要書類を提出します。それから融資担当者との面談があり、審査に通れば借り入れができます。

 

ビジネスローンによる借り入れには、申し込みの際に申込書に加え、決算書、納税証明書、印鑑証明などが必要になります。また、これら以外に事業計画書や収支計画書を提出すると審査に有利になることがあります。

 

銀行のビジネスローンは日本政策金融公庫から借り入れるよりも金利は高めですが、ノンバンクのビジネスローンよりは低い金利で借り入れることができます。ただし、融資期間は短くなっています。ノンバンクからの借り入れは、原則来店の必要がなく、即日融資も可能で、時間の余裕がないときには助かるのですが、銀行に比べると、金利が高いので利用には注意が必要です。