総量規制外

総量規制外について

貸金業法には総量規制というのがあって、貸金業者はこの総量規制の範囲内で融資をすることが定められています。

 

総量規制では、借り入れ申込者の年収の3分の1までしか融資ができないので、貸金業者は申し込み者の信用情報を確認し、借り入れ残高がすでに年収の3分の1に達していれば融資を行うことはできません。

 

ただ、総量規制にも例外があり、そのひとつは「配偶者貸付」です。総量規制では年収の3分の1までしか借りられないので、収入が0円の専業主婦は借り入れができないことになりますが、「配偶者貸付」は、本人と配偶者の年収を合わせた額の3分の1までなら融資できるという規定です。ですから、本人が収入0円でも、配偶者に収入があれば、配偶者の収入の3分の1までなら借り入れができます。

 

案内女性

ただ、この場合は、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。こうした書類の確認など余計な手間がかかるため、消費者金融では、一部のレディースローンを除き、「配偶者貸付」を適用して専業主婦に融資している業者はほとんどありません。

 

このほかの総量規制外の対象は、ビジネスローンです。ビジネスローンは総量規制外なので、借入額に制限がありませんが、ノンバンクの場合は金利が高くなっていますので、安易に利用すると資金繰りがうまくいかなくなる可能性があります。ノンバンクのビジネスローンを利用する場合は専門家のアドバイスを受けてください。
このほか、有価証券担保貸付け、不動産担保貸付け、売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け、顧客に一方的有利となる借換え、緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付けも、総量規制外です。

 

また、銀行のローンは総量規制外なので、年収の3分の1までしか借りられないという制限はありません。金利も低くなっていますので、お金を借りる場合はまず、銀行のカードローンやビジネスローンを利用するほうが、返済負担を軽減できます。